sp_suzen_title.png
HOME > 大規模修繕 >

大規模修繕コンサル

大規模修繕コンサル

大規模修繕工事のコンサル事業
大規模修繕イメージ写真
知識と経験からお客様にとって
最良の修繕計画を立案します
ロウジュウコミュニティーは、一級建築士や一級建築施工管理技士など、大規模修繕工事のコンサルタント業務を受託するために必要な資格要件を満たし、かつマンション維持修繕技術者などの資格も有したスタッフをそろえています。豊富な経験をベースに、専門的かつ総合的な知識を駆使して、大規模修繕工事に必要な全てをお手伝いいたします。
ここに注目!
コンサルタントの4つの要件
ロウジュウコミュニティーは、
以下の全ての要件を満たしています
1.改修の設計をするために、一級建築士を取得しているか
一級建築士を取得していても、一級建築士事務所登録をしていない場合は、建築士法違反になります。また、実務経験があるかも重要ですので職務経歴を確認します。
2.工事監理者は、一級建築施工管理技士を取得しているか
一級建築施工管理技士は、工事施工管理に必要な国家資格です。施工の実務経験がないと受験できません。なおかつ現在は資格取得後、講習を受講し考査に合格すると、監理技術者として大規模工事でも工事監理ができます。
3.マンション管理士資格を取得しているか
共同住宅には、「建物の区分所有に関する法律」、「マンション管理の適正化の推進に関する法律」が適用され、管理規約があります。コンサルタント業務を遂行するためには、この法律の知識が必要です。知識がないと大きなミスをすることもあります。
4.工事監理者は、現場経験が豊富であるか
大規模修繕工事では、設計通りに工事が施工されているかが大切です。資格を持っていても現場経験がないと充分な監理ができません。どこをチェックすればいいか理解していない場合がありますし、的確な指示ができないこともあります。また、当初の建物診断も、現場経験がないと的確にできない場合があります。
一級建築士事務所登録、一級建築施工管理技士資格、マンション管理士資格、豊富な現場経験 大規模修繕工事では、設計通りに工事が施工されているかが大切です。資格を持っていても現場経験がないと充分な監理ができません。どこをチェックすればいいか理解していない場合がありますし、的確な指示ができないこともあります。また、当初の建物診断も、現場経験がないと的確にできない場合があります。 ロウジュウコミュニティーなら実績多数!豊富な経験でご安心してお任せいただけます!
コンサルティングの流れ
1
建物調査・診断
最新機器とプロの目で、細部にわたり建物の劣化状況や問題点をチェックします。
2
設計業務
調査・診断結果に基づき、必要かつ最適な改修方法を検討し、改修プラン・設計仕様を提案し、工事予定金額を算出して、資金計画をサポートします。
3
施工業者の選定
見積業者の選定と現場説明会を実施し、見積徴収後、金額・内容を精査して、理事会・修繕委員会の推薦業者選定をサポートします。
4
総会承認
総会で工事金額・施工会社・工事内容・工事期間等を承認していただくためのサポートをします。
5
工事説明会
工事着工前に、全居住者を対象に工事説明会を開催し、具体的な工事内容説明・工事期間中の協力要請・連絡体制等を説明し、工事がスムーズに進むためのサポートをします。
6
工事監理
工事監理者は、現場経験30数年の一級建築施工管理技士が担当します。監理内容により、出来・不出来が決まります。設計仕様書通りに施工されているか、確実に監理します。
7
定期点検
契約書に基づき瑕疵担保期間中、定期的に点検を実施し、不具合の無償補修実施のサポートをします。
次のコンテンツへ進む
 

大規模修繕

お問い合わせはこちらからTEL082-262-4316 24時間365日の安心サポート メールでお問い合わせ 管理会社を
お探しの方へ よくあるご質問はこちらQ&A
マンション管理についてやお困りごとなど、まずはお気軽にご相談ください 24時間365日の安心サポート お見積り無料!TEL082-262-4316 メールでお問い合わせ 広島のマンション管理ならロウジュウコミュニティー